医院ブログ|南区大橋で歯科・歯医者をお探しの方は歯科のじみよ子クリニックまで

092-408-7319

〒815-0033
福岡市南区大橋1-8-8 1丁目8番館ビル3F

メールでのご予約・ご相談受付中

診療時間 9:00~13:00/14:30~18:30

医院ブログ

歯周病が早産や低体重児出産のリスクを高める!?

2020年7月11日 歯の豆知識

こんにちは
歯科衛生士の水野です😊

前回

妊娠すると歯肉炎になりやすい!?


のお話をしましたが、
歯周病にかかると影響を及ぼすのは
母体だけではありません😱

歯周病にかかっている妊婦さんは、
かかっていない妊婦さんに比べ、
早産や低体重児出産のリスクが5~7倍に
上がってしまうと言われています😱

smart_phone_54cd026b

早産とは妊娠22~36週の間に
赤ちゃんが生まれてしまうことで、
呼吸障害、低体温症、低血糖症、貧血
などのリスクがあります😭
合併症としては、脳出血や呼吸器障害、
子宮内感染による脳性麻痺、慢性肺疾患
などがあるそうです……😣

smart_phone_2baaba21

この表を見ると、タバコやアルコール、
高齢出産よりもはるかに高い数字ですね😱

少し深い話になりますが……

通常、出産が近くなると、
子宮を収縮させる『プロスタグランジン!』
という炎症抑制物質が子宮で分泌されることによって
出産がはじまります!

しかし!
歯周病の炎症がある時も、炎症を抑えようと、
まさかまさかの『プロスタグランジン!!』が
登場してしまいます………😱

つまり!
歯周病が重症化すると、出産時と同じように
『プロスタグランジン!!!』が作られて、
子宮が、「よし!出産開始だーーー!!」
と勘違いを………………😱💔
そのため陣痛や、子宮の収縮が促されて、
早産が引き起こされてしまうんですね😭😭😭

『プロスタグランジン!!!!』は、
陣痛促進剤として使われるほど、
子宮収縮作用が強いといわれています…😱💔💔

プロスタグランジン…………
耳に残りますね。(笑)

まさか自分の歯周病が赤ちゃんにも
影響するなんて………😭😭と思いますよね😞

しかしながら!!
妊娠中でも徹底的に歯周病の治療をすれば、
炎症を最小限に抑えることができますし、
これらのリスクを軽減出来ることも
知られています!!

そして歯周病は、治療が出来るだけでなく、
予防も充分可能な疾患です!!

ぜひ、産まれてくる元気な赤ちゃんのためにも
出来ることから初めていきましょう😊

次回は妊娠中のお口のケアについて
お話していきますね😀

前回福岡市南区大橋でセレック、セラミック審美治療を
するなら、女医と女性スタッフがお迎えします、
歯科のじみよ子クリニックへ

このページのトップへ戻る

診療科目

診療日時

 
9:00~13:00
14:30~18:30

※土曜日は月2回診療いたします。
休診日:日曜・祝日


駐車場について

※当院で診療される患者さんには近隣駐車場の1時間分の料金を
補助します。
なお、提携駐車場もございますので、事前に位置を下記地図にて
ご確認ください。

提携駐車場地図
歯科のじみよ子クリニック 0000-00-0000
〒815-0033
福岡市南区大橋1-8-8 1丁目8番館ビル3F
メールでのご予約・ご相談受付中
大きな地図で見る

Copyright (C) 2016 歯科のじみよ子クリニック